加齢臭と風邪

風邪は活性酸素を増やす原因になります。

つまり、加齢臭の原因になるということです。

体の中に病原菌やウイルスなどが侵入すると、血液中に白血球が増えます。

そして、活性酸素を発生させてこれらに対抗するような仕組みになっています。

でも、活性酸素は病原体を死滅させるばかりではありません。

困ったことに、健康な体の組織まで傷つけてしまうんです。

この活性酸素が、皮膚を老化させ加齢臭を発生させるのです。

風邪対策 には、十分な睡眠が必要です。

夜は免疫を高めるリンパ球が増えてくれる時間で、この時身体が休んでいることが大切なのです。

せっかく免疫や抗体がたくさん作られる時間帯に、無理をしては具合がさらに悪くなります。

風邪をひいたと思ったら、ゆっくり休み十分な睡眠を取りましょう。


風邪をひいているときには、ビタミンCの消費が激しくなります。

びたみんCを大量に補給すると、体も楽になります。

今話題の柿渋で汚れも加齢臭もスッキリ!!




posted by さらん at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 加齢臭予防
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック