加齢臭は、冬でもやってくる。

こんにちは、「加齢臭 防止対策ドットコム」の香美人です。

きっとこのブログを読んでいる方は、自分自身のことでなくても、加齢臭について何かしら興味を持っているんだと思います。

そんな人が、一番気にしているのが周囲の目。

他人から自分を、自分の身近な親しい人を、臭いなんて思われたく無いですからね。

臭いで周りを不快な気分にしてしまったら、最悪です。

でも、加齢臭に限らず自分の臭いというのは、前にも書いたように自分では分からないものです。

そこで、ちょっと思い出して欲しいのが、<加齢臭簡単チェックテスト>

このテストをしてみてください。

そして、加齢臭を撒き散らしている(失礼、かもしだしている)可能性のある方は、ちょっとこちらのサイトを確認してみてください。

そのサイトというのは、ブリーズブロンズ製品公式サイト<いい快互服ドットコム>です。

加齢臭対策の商品が、ずらり勢ぞろいしています。


エッ、何ですか?「ブリーズブロンズって何ですか?」ですって。

あなた、このブログの初心者ですね。

はい分かりました、それではブリーズブロンズについて説明します。

ブリーズブロンズというのは、200人分の汗の臭いを5分で分解消臭するという消臭繊維です!

消臭繊維ブリーズブロンズは、お肌と同じ弱酸性で、吸水性も非常にすぐれています。

皮膚の表面はアルカリ性になると、雑菌の繁殖を促し、肌荒れや湿疹などの原因となります。

ブリーズブロンズは、その雑菌対策もしてくれているということですね。

消臭の仕組みは、分解消臭です。

汗をはじめとする体臭がブリーズブロンズに付くと全く臭わないものに変化します。

汚れは付きますが、臭う形を崩してしまいます。

さらに、耐久性は洗濯、日干しで効果が復活するため、半永久的というのも驚きです。

繊維そのものに消臭機能があるため、効果が薄れることがありません。

もう1つ驚くことに、香水などの人工的な臭いは消えないんです。

体臭だけ消えて、香水は消えない、どうぞオシャレしてください。

いかがですか、「ブリーズブロンズ」について理解していただけましたか。

そして、このブリーズブロンズ製品公式サイトが、<いい快互服ドットコム>です。


わたし、この季節、気になることが1つ有ります。

それは、「冬は汗も出ないし体臭などの臭いが気にならない」と安心している方が多いことです。

そんなことは無いんですよ。

加齢臭と言うのは、毛穴の奥の皮脂腺から分泌される脂肪酸が酸化したり、表皮のバクテリアが発酵したりしてできたノネナールが原因です。

汗をかかない冬のも、このノネナールは発生します。

これから時期に気をつけなくてはならないのが、忘年会や新年会での暴飲暴食。

暮れにかけての、仕事でのストレスも要注意です。

活性酸素対策の有酸素運動も(特にウォーキングの方が多いと思いますが)寒いと億劫になりがちでしょう。

冬は、活性酸素増加の原因がいっぱいですね。

年末年始は加齢臭注意報発令です。がく〜(落胆した顔)

じゃあどうしたらいいかということですが、<いい快互服ドットコム>の中の商品で年末年始にオススメなものがあるんです。

それは、加齢臭、体臭が見事に消える急速分解消臭スプレーのヌーラです。

年末年始は仕事だけでなく、友達関係、親戚関係と、付き合いでどうしても暴飲暴食をしがちになります。

それは、仕方が無いこと(私個人としての考えです)。

この加齢臭、体臭が見事に消える急速分解消臭スプレーのヌーラ水洗いできる衣類なら、なんでも使用可能なんです。

スプレーするだけで、お気に入りの衣類が急速分解消臭衣類に変身しちゃうんです!

携帯用30mlスプレーが有るので、簡単に持って歩ける。

すぐに使えるというのがとにかく便利。

仕事で徹夜、朝起きたら、シュッとスプレー。

出張先でも、シュッとスプレー。

無香料でベトつかずさらさら。

臭いが消える仕組みは、加齢臭や汗臭と反応する、イオン化結合による消臭。

200人分の汗臭がたった5分で消えてしまうのは、イオン結合による消臭だからです。

冬だからといって、安心してはいけません。exclamation×2

加齢臭は、季節に関係ありません。

この加齢臭専用スプレーヌーラは、<いい快互服ドットコム>で扱っています。

急速分解消臭なら「いい快互服ドットコム」




posted by さらん at 15:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 加齢臭予防
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック