加齢臭予防 ぬる目のお湯で入浴

入浴による癒しの効果を高めるポイントの一つは、お湯の温度です。

ホンのわずかな温度の違いで(2〜3度)、神経系統の切り替えがうまくいかなくなってしまうのです。


42度以上のお湯では「交感神経」の働きが活発になり、血圧が上昇など逆効果になってしまいます。

癒しを得るための最適の温度は、39度±1度です。

この温度で入浴すると、心にも身体にも心地よい癒し効果が得られます。

今話題の柿渋で汚れも加齢臭もスッキリ!!





タグ:入浴 加齢臭
posted by さらん at 11:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 入浴と睡眠
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック