腸内バランスで体臭予防

腸の中には、100種類を超える常在菌が住んでいます。

その中のビフィズス菌などの善玉菌は、腸の消化吸収を助け、免疫力を高める働きをしてくれます。

これに対し、ウェリッシュ菌などの悪玉菌は、腸内のたんぱく質を分解し有毒物質を作ります。

この善玉菌と悪玉菌のバランスが取れているときは良いのですが、バランスが崩れ善玉菌の数が減ると、悪玉菌が一気に増加して強い体臭が出てくることがあります。

善玉菌を減らさないためには、ヨーグルトなどのビフィズス菌の入った食品を食べて善玉菌を補給するのが1番です。

また、オリゴ糖は、腸内の善玉菌を活性化させ、悪玉菌を減らす効果を生みます。

オリゴ糖をたくさん含む、大豆やゴボウ、アスパラや玉ねぎなどを積極的に摂取することでも体臭を押さえる効果が出てきます。

口臭・体臭・加齢臭の悩みに「臭麗MAX」




タグ:加齢臭 体臭
posted by さらん at 11:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 加齢臭予防食
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック